本ブログ及びサークルは遊戯王やヴァンガードを初めとした、 カードを通じて 交流を深めるために設立されたサークルです。 今年はインカレよろしく 他大学の方々との交流を視野に入れていきたいと考えています。 おい、デュエルしろよ twitterはこ↑こ↓https://twitter.com/kyorin4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊戯王 デッキ紹介【切なる冀望】



こんにちは。Utchyです。
気づいたら2ヶ月ぶりの記事というね。
HERO記事書いたの3月だし…。
ま、まぁデッキ紹介とかそんなに頻繁にやるもんじゃないし…←


本題に入りますね(^ω^)
今、ウチのサークル(正式には非公認になっちゃいましたが…)ではバリアン七皇が流行っています。
なので、自分も何か作ろうとしたところ……誰も残ってないのよねσ(^_^;)
こういうデッキって被るのもね…。

で、考えたのが……


「我の(ry」

「CX 冀望皇バリアン」を使ったバリアン七皇デッキ!

まぁ、要するにEXを全部バリアンにしたデッキですね(・ω・)ノ
一応全てのオーバーハンドレッドNoを出せるようにしてます。

ドルべェの縛りのせいで、デッキが組みにくいったらありゃしない。

…はい、お約束も済んだとこで、デッキレシピの紹介から(^_^)



モンスター 21
カオス・ソルジャーー開闢の使者ー①
星因子デネブ③
星因子ベガ③
フォトン・スラッシャー③
カゲトカゲ③
召喚僧サモンプリースト②
防覇龍ヘリオスフィア③
半月竜ラディウス②
デブリ・ドラゴン①


魔法 16
RUMーバリアンズ・フォース③
RUMークイック・カオス③
RUMー七皇の剣②
サイクロン②
大嵐①
死者蘇生①
タンホイザーゲート①
増援①
戦士の生還②


罠 3
リビングデッドの呼び声③


エクストラ
CX 冀望皇バリアン
No.101 S・H・Ark Knight
No.102 光天使グローリアス・ヘイロー
No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ
No.104 仮面魔踏士シャイニング
No.105 BK 流星のセスタス
No.106 巨岩掌ジャイアント・ハンド
No.107 銀河眼の時空竜
CNo.101 S・H・Dark Knight
CNo.102 光堕天使ノーブル・デーモン
CNo.103 神葬零嬢ラグナ・インフィニティ
CNo.104 仮面魔踏士アンブラル
CNo.105 BK 彗星のカエストス
CNo.106 溶岩掌ジャイアント・ハンド・レッド
CNo.107 超銀河眼の時空龍


このデッキを考える上で思ったのが、
①No.102のために、光多めに
②レベル4×3を出すため、ssできるカードを多めに
③No.107のために、七皇の剣以外にランク8を出せるカードを入れる
ということです。

①が辛いですね…まったく。
本来は光天使デッキが一番出しやすいんでしょうが、そうすると「ドルべデッキ」になってしまうので却下。
星因子を使えば何とか並びますが、アルタイルを使うと殴れなくなるので、デネブとベガだけ採用。
まぁ、結論から言うと無理して出さなくてもいいということですね←

②は、ベガやフォトスラ、トカゲやサモプリなどを使えば何とかなる…はず。
その場を打破できるなら、アド損も気にならない…はず(⌒▽⌒)

③は、ミザエルのカードを使って補います。デブリ→ヘリオス→タンホイザーや、ラディウス→ヘリオス、開闢→ラディウスなどが一番ですかね。
銀河フォトンなら、ランク4と8を無理なく共存できると思いますが、あくまでランク4を軸にし、オマケとしてランク8を出すデッキにしたかったので、8>4の銀河フォトンは却下しました。


次にカード解説ですが…
ひたすらレベル4を並べて、その場に合ったエクシーズモンスターを出すだけですね。
No.101→困ったらこいつ
No.102→出せたら出す!
No.103→HCや炎星などの打点上昇系に
No.104→モンスター効果が軸な相手
No.105→高打点への返し
No.106→低打点系への牽制
No.107→リクルーターなどに
こんな感じですかね。一度墓地にいけばバリアンで効果使えるので、出せる時に出せたら強いと思います。

次にメインのカードについてですが、

こいつがいい仕事してくれると思います( ̄▽ ̄)
①守りが薄いこのデッキの防御効果+展開の牽制
②ラディウスと組み合わせてNo.107
③デブリと合わせてランク4、またはタンホイザーでNo.107
④光なのでNo.102の素材になる
などなどあります。強い!

最後にバリアンについてですが、このデッキには貪欲もなく、バリアンもピン積みなので、破壊されたら終わりです。
なので、墓地に送られたNo.の効果の再利用+打点として使うのがメインですかね。墓地にNo.が溜まれば溜まるほど真価を発揮しますので、終盤で出しましょう。


さて、ここまでまとめましたが、このデッキ実際に組んでるわけではないですσ(^_^;)組むとしたら…と考えて構築したものです。実際に組む際は、気に入ったオーバーハンドレッドNo.を選んで、そのモンスターを特化した方がいいかもしれないですね。
次回の更新では、最近組んだEMについて記事にしたいと思います(^ω^)
スポンサーサイト

デッキ紹介【セイクリッド】

ナンバーズガイド3に付いてきたホープドラグーンが強くて感動しているMURです。何より
召喚のしやすさが上手くデザインされている良カードだと思います。これで七皇の剣も腐
らないぜ。それよりもマスターガイドやナンバーズガイドに入れ損ねたヌメロンドラゴン
はいつカード化するんですかね・・・

さて、2回目となるこの記事では空気を読まずにセイクリッドのデッキの紹介をしたいと思
います。これは自分がかなり思い入れがあって、デッキ構築から戦い方までいろいろ語り
たくなるので長い記事になります。中には個人的に偏った主張もあるかもしれません。そ
れでもいいよという方、時間のある方だけお読み下さい


まずは簡単にセイクリッドデッキとはどんなものかという概要を説明します。それはズバ
リ、セイクリッドプレアデスを筆頭に相手を制圧したりコントロールして勝利を目指す、
というものです。

スペルスピード2の何でもバウンスを搭載し、相手の行動を邪魔したり、場をこじ開けた
りと中々のハイスペックなモンスターだと思います。このプレアデスをいかに上手に運用
していくかが勝利の鍵です。

セイクリッドにはいろんなデッキタイプがあり最近ではアーティファクト混合型が有名で
すが、ここで紹介するのは純粋な方のセイクリッドですのであしからず。


モンスター 17

セイクリッド・シェラタン ③
セイクリッド・ポルクス ③
セイクリッド・グレディ ③
セイクリッド・カウスト ③
セイクリッド・ソンブレス ③
フォトン・スラッシャー ②


魔法 12

強欲で謙虚な壺 ③
死者蘇生 ①
増援 ①
セイクリッドの超新星 ③
炎舞-「天璣」 ②
大嵐 ①
ブラック・ホール ①


罠 11

安全地帯 ②
聖なるバリア-ミラーフォース- ③
奈落の落とし穴 ②
虚無空間 ③
デモンズ・チェーン ①


EXTRA 15

セイクリッド・プレアデス ③
セイクリッド・トレミスM7 ③
セイクリッド・オメガ ①
セイクリッド・ビーハイブ ①
No.101 S・H・Ark Knight ①
No.33先史遺産-超兵器マシュ=マック ①
No.61ヴォルカザウルス ①
迅雷の騎士ガイアドラグーン ①
インヴェルズ・ローチ ①
ラヴァルバル・チェイン ①
輝光子パラディオス ①



まあ正直の所一般的にありふれた構築ではありますが、ひと目みて思いつくのは
①罠が多い
②腐るかもしれない超新星が3積み
③トレミス多すぎィ!
④虚無空間?流行に乗っただけでしょ?
⑤マシュ=マック?意味不明なんですけどー
だろうと思います。

罠が多いのは今までの経験からして、プレアデスを守ろうという意味があります。
セイクリッドデッキはどんなにプレアデスが強いと思っても、ただフィールドに棒立ち・
・・という状況は好ましくありません。なぜならバウンス効果は1ターンに1度しか使えず
、突破しようものなら簡単に除去されてしまうからです。
攻撃力も2500しか無く、今の環境ならそれを超えてくるなんて難しくありません。
だから伏せを固めてじっくり戦う戦法を余儀なくされます。まあ、それでも妨害系罠が多
すぎるかとは思いますが、それだけ腰を据えて戦おうという意味も込めています。

セイクリッドの超新星の3積みは明らかに多いと思われるでしょう。このカードは墓地か
らセイクリッドモンスター2体をサルベージしますが、使ったターンはバトル出来ないデ
メリットを持つカードです。
初手にあれば腐り、バトル不可のデメリットから不採用も普通に考えられます。自分も今
までは入れてませんでした。

しかしセイクリッドデッキは、
・手札消費が激しい(あまり効率良く手札を稼げない)
・プレアデスを突破されると立ち直りが難しい

等の弱点を補うため、多少の事故は仕方ないと目を瞑りつつも投入してみました。実際に
使ってみるとかなり助かりますよ。そんなに腐ることは無いと思います。
それでもバトルフェイズスキップは厳しいものがあるためこのカードを使うタイミングと
しては
・自分の場がある程度整っている(モンスター+伏せカード)場合
・強欲で謙虚な壺と併用する
・ヴォルカザウルスを召喚して効果ダメージを与える
がいいと思います。いつでも使っていい訳ではなく、相手の場と相談しながら使うのが大
切です。

トレミスが3積なのは案外重ねて特殊召喚する機会が多い事と、ただ単にフル投入しない
と見栄えが悪いという制作者のワガママです。主な使用目的は自分のモンスターの再利用
ですが、相手フィールド又は墓地からネオスなど邪魔になるカードを戻してあげるのもい
いでしょう。

虚無空間についてですが、あまり例を見ない組み合わせであるのと、下手したら自分の首
を絞めかねないカードです。
このカードは主に相手の大量展開を止めるのに使います。例えば自分の場にプレアデスが
存在し、相手のデッキがラヴァルや魔轟神の場合、効果で何かしらのモンスターをバウン
スしたとしてもすぐに第二波がやってくるでしょう。はっきり言ってセイクリッドデッキ
でこれらの大量展開を止めるのは”無理”なので、虚無空間ではじめから蓋をする訳です。
まあ、本来の使い方なわけですが。
そして虚無空間自体を相手ターンでバウンスしておけば自分だけ特殊召喚ができます。そ
の後はセットしておき再び使い回します。


そして一番分からないのがマシュ=マックですね。これはパラディオスとコンボで使う必
殺のモンスターです。セイクリッドでは珍しくワンショットキルを成功させる手段なので
、少し難しいですが是非やってみて下さい。

~やり方~

①ポルクスを召喚し、効果によりグレディを通常召喚する
②グレディの効果でソンブレスを特殊召喚
③ポルクスとグレディでパラディオスを召喚。効果で相手モンスターの攻撃力を0にする
④ソンブレスの効果でカウストをサルベージし、そのまま召喚
⑤カウストの効果で自身とソンブレスのレベルを5に上げて、マシュ=マックをxyz召喚
⑥マシュ=マックの効果で攻撃力0のモンスターを選択して効果ダメージ&攻撃力アップ
⑦全員で殴る

こんな風に下準備がかなり必要ですが、手札は超新星を駆使する事で揃えるのが可能です
し、カウストは墓地にいることが多いです。この方法だとヴォルカザウルスを出すよりも
ダメージを与えられます。そしてこのデッキは伏せを置いて時間をかけて戦うタイプなの
で、全く狙えないコンボではないです。


その他のカードについて

~安全地帯~
評価★★★☆☆
一般的にはプレアデスとのコンボで用いられる認識が強いですが、本来のテキスト通りに
自分のモンスターを守ってあげるのも全然かまわないです。例えばプレアデスやトレミス
です。この2体は書いてある効果はとても強力なので、どうせなら素材を使い切るまで生
かしておきましょう。トレミスに至っては最高3回まで効果を使えます。いいゾ~これ

~セイクリッド・シェラタン~
評価★★☆☆☆
このカードはちょっと難しいですね。召喚してサーチ効果を使うのはいいですが、攻撃表
示で立ったままという状況が好ましくないです。使ったことのある人ならわかると思いま
すが、もう少し打点があってもいいと思いませんか?だからといってセットして高い守備
力を活かすのも納得いかない訳で・・・
熟考の末、召喚して戦闘破壊される流れはしょうがないとあきらめることにしました。あ
るいは罠を伏せて置くのもいいでしょう。
最近では召喚権を使うのがもったいないからと全く採用しないパターンもあるようですが
、自分はサーチ効果はとてもいいと評価しているため未だにフル投入です。少し前に謎の
緩和を遂げたライオウくんを許してはいけない(憤怒)

~セイクリッド・ソンブレス~
評価★★★★★
素晴らしいモンスターです。テキストがやたら長いですが、言い換えるとこいつ単体でプ
レアデスが呼べます。手札消費が激しいこのデッキでは救世主とも言える存在で、これら
の欠点を見事補ってくれます。初手にあると使いにくいですが、後々に備えて温存するか
しないかはプレイヤーの腕次第。

~セイクリッド・グレディ~
評価★★★★☆
先行ドロー廃止となったこのご時勢、できるだけ早くプレアデスを立てるためには初手の
段階でポルクス+カウストの組み合わせが欲しいところですが、難しくなってしまいまし
た。打開策として急遽入れられたのがこのカードです。手札にきても腐りませんし、ポル
クスが6枚体制になったと思えば十分かなと。

~フォトンスラッシャー~
評価★★★☆☆
セイクリッドにおいて入れるか入れないか度々話題となるカードですが、自分だったら入
れます。理由として、セイクリッドは手札にモンスターが2体揃ってはじめて場に出され
ます。シェラタンやソンブレスを除き、わざわざ下級モンスターを単体で出してエクシー
ズ召喚の機会を逃すような事はしません。仮にそうならなかった場合の戦闘要員として、
スラッシャーは出されます。
他にはライオウ等の1900ラインを潰す手段として使われます。セイクリッドの下級はモン
スターを並べる事は出来ても、戦闘に至ってはまるで力不足です。攻撃力1800のカウスト
でさえ、どうせなら戦わずに温存しておくものではないでしょうか。

~セイクリッドプレアデス~
評価★★★★★★★
見れば分かるとおり筆者の一番のお気に入りのカードで、これを使いたいからデッキを作
成したようなものです。効果が強力なのはくどい位に書いてきましたが、このカードに惹
かれたのは強さの部分だけでなく、使っていく中で上達の具合が感じられるからです。
この場面で果たして効果を使っていいのか、使った後に相手はどう動いてくるのか、あの
時あれを戻しておけばよかったんだなー
などと、実戦を積むうちに上手に相手をコントロールする術を身につけられると嬉しくな
ります。
言うまでもなく1ターンに1度の効果なのでその貴重な1回をどこに持ってくるかが難し
いわけですが、どうしたら動きが止まるか、常に相手の立場になって考えれば上手な運用
が出来るようになると思っています。
個人のプレイングのセンスがはっきりと表れる玄人向けのカードなので、上手い人が使う
と手がつけられない程です。そういう人には尊敬してしまいますねぇ~

~インヴェルズ・ローチ~
評価★★★☆☆
発売当初はどのデッキでもほぼ必須カード扱いだったがエクシーズモンスターの普及によ
り、存在が危ぶまれたカード。ましてダイヤウルフやガンマンのような汎用を差し置いて
投入される理由・・・それはずばりライトロード対策です。
裁きの龍やカオスモンスターはプレアデスの効果で戻したところで全く意味がないので、
そいつらに限りローチは抑止力になります。
ライトロードと対峙した時はプレアデスの召喚は早々に切り捨て、ローチをバックで守り
ながら戦う戦術に移行します。

~ラヴァルバル・チェイン~
評価★★★☆☆
強いと言われれば強いかもしれないがこのデッキではプレアデスの召喚が優先されてしま
い、結果として影の薄いこのカード。じゃあどんなときに使うのか。それはお互いあまり
動き出さないゲーム序盤、パーツを集める目的で使われます。
どういうことかというと、例えば手札にはポルクスやグレディしかおらず(カウストが引
けない)超新星を握っている場合、まず手札のモンスター2体を場に出してラヴァルバル
チェインを召喚します。
その後は効果でデッキからカウスト又はソンブレスを落とし、超新星で回収するというも
のです。
なんか無理矢理な気もしますが、次のターンからはプレアデスの召喚の準備が整うわけで
す。
もちろんデッキトップにソンブレスを置いてさらなる展開を目指すのも良いでしょう。
前述のとおり、確かにこのカードの出現率は高くないかもしれません。
しかしゲームを進める上での潤滑剤となるのも事実です。この枠を他の必須と呼べるカー
ドに充てるのもいいですが、じぶんはこういったカードも大切にしたいと考えています。

☆各要所におけるデッキの動かし方
プレイスタイルなんて人によって様々だし時と場合によるのも事実ですが、ある程度動き
の目安となる点をいくつか挙げてみます。

・初手にシェラタンがある場合
早いうちに召喚した方が良いでしょう。モンスター同士の戦闘があまり激しくならないう
ちにとっとと使っておくのが吉です。強欲で謙虚な壺も一緒に握っている時もありますが
、その場合は壺からプレイしましょう。デッキの上から何を引くか不確定な3枚のうちベ
ストだと思う1枚を選び、その後シェラタンで不足した要素を補うのが望ましいです。

・シェラタンを引いてしまった場合
引いたからには出したいところですが、その前に相手のフィールドを見てみましょう。戦
闘する上である程度脅威となるモンスターがいる場合は、除去するか罠を張る(なんかそ
ればっかりですね)などをして安全なフィールドを作り上げてください。下手な召喚はこ
こでは命取りです。
すでにプレアデスが立ってる場合、召喚したシェラタンを戻し、戦闘破壊回避&再利用と
いう流れができます。

・プレアデスが出せる場合
出せるんだったら出しましょう。早めに立てて相手の妨害に力を注ぎます。あまり出すの
を先延ばしにすると、相手の落とし穴や激流葬などの罠に引っかかり易くなるかもしれま
せん。

・手札にスラッシャーがいる場合
序盤において、セイクリッドのパーツが揃うまでのアタッカーとして特殊召喚されます。
出来れば伏せカードも交えてビートダウンのような戦い方ができれば良いでしょう。効果
からして、基本的にモンスターが立っている中盤以降には手札で腐る可能性があります。

・相手がカードを伏せてきた場合
これは主にゲーム終盤で使われる技です。あらゆるカードを駆使して対戦相手を追い詰め
ている時、相手がモンスターや罠を伏せた場合、それらをプレアデスで戻して使えなくし
ます。いわばエンドサイクと同意義です。相手のわずかな逆転の可能性も握り潰し、こち
らの勝利をより確実なものにするよう追い打ちをかけるわけです。


☆この(これらの)デッキと戦うときは・・・
これと同系統のデッキと当たった場合の対策、主にプレアデスの処理の仕方を書いていき
ます。もしよかったら目を通してやってください

・複数のカードで対処する
これが一番多く用いられる方法だと思います。プレアデスのバウンス効果は1ターンに一
度きりですが、逆にそこを突いて複数のカードで攻めます。プレアデスを倒す手段を2つ
以上用意し、立て続けに使用するのが効果的。

・戻されても困らないカードをだす
前にも書きましたが、要はカオスソルジャー、カオスソーサラー、ダークアームドドラゴ
ンのようなモンスターです。正直一番出されて困るのがこれらのカードです。比較的出現
率が高く、どう対処したらいいか非常に悩みます。

・マシンナーズフォートレス
最近はあまり見なくなりましたが、こいつも立ってるだけで面倒くさいです。プレアデス
と攻撃力が同じなため、相打ちされると効果で場のカードを割ってきます。しかしそれが
嫌でフォートレスを戻そうとすると今度は対象を取るためハンデスされます。おまけに緩
い自己再生効果で何度も湧いてきやがります。

・スキルプリズナー
カードを対象にとるモンスター効果を無効にするため、プレアデスに対してもろ突き刺さ
ります。場に伏せた状態で一回、墓地に落ちても一回無効に出来るため、これ1枚で安心
してカードをプレイできるでしょう。

・そもそもプレアデスを出させない
ポルクスとカウストが並んだ時点で月の書なり激流葬でエクシーズ召喚をさせません。プ
レアデスが立たないこのデッキは基本強くありません。この方法はどのデッキでも実現可
能かつ基本的な対処法なので積極的に狙うと良いです。


◎(番外編)昔は入れていたが次第に抜けていったカード達
・カードカーD
手札が芳しくないときに2ドローすることで次のターンから反撃を・・・としたい所です
が、実際にそれで状況が好転したかと言われると五分五分、あるいはそれ以下でした。
そもそもパーツが欲しいときはより確実なシェラタンがいますし、強欲で謙虚な壺がある
中で投入すると、あまりに自分のターンを無駄にする機会が増えてしまい厳しいです。
パーミッションか1ターンkillを狙うようなデッキでなければ恩恵を受けにくいと再認識
させられました。

・各種ランク5エクシーズモンスター
ランク5が出せるデッキなので、ティラスにクリムゾンシャドー(申し訳程度のランク5
要素)を投入して、10回中1回出せればいいかなーとか思ってました。
しかし極論を言ってしまうとランク5にはヴォルカにプレアデスがいれば十分で、そのよ
うな1回が来ることはまずありませんでした。
このデッキではほとんどの場面がプレアデスで対処できてしまうため、わざわざ他のモン
スターを出す必要が無いのです。
クリムゾンシャドーならば先行で立てて相手の様子を窺うことも可能でしょうが、このデ
ッキではそんな余裕はありません。それが自然な流れでプレイできるのは、全盛期の甲虫
装機くらいです。


☨総括☨
こんな稚拙な記事を最後まで見てくれてありがとうございます。そしてお疲れ
様でした。とりあえず言いたいことはだいたい述べました。知ってる方には当たり前の事
だらけで退屈だったとおもいますが、これらの動きを一人でも多く実践してくれたら嬉し
い限りです。

セイクリッドは上手くアドをとる事が難しく、一歩間違えるとピンチになりかねません。
普段は石橋を叩いて渡るプレイをしながら、時には相手をしとめるために思い切った展開
(一転攻勢)を迫られるでしょう。その点は他のデッキよりも顕著に表れると思います。

そのためいかに相手の行動と心理を読んで動けるかがこのデッキの真髄です。
総合的にみると特に強いわけではなく中堅レベル。フリーで回すと割と珍しがられてそれ
なりに戦えるいぶし銀なデッキだと思います。
使い手が上手いとトーナメントレベルのデッキと互角に渡り合えますが、下手な人が回す
と本来の力が引き出せずに何がしたいか分からなくなります。

それから今回新しく星因士が登場しました。何やらセイクリッドと関係ありそうなシリー
ズですが、動きを見るとどうやら凄いみたいです。同じ星座のカテゴリー同士、これから
の強化に(夢が)拡がりそうです。これに便乗して我がセイクリッドも何か強化される可
能性が微レ存・・・?








プロフィール

杏林大学カードゲームサークル

Author:杏林大学カードゲームサークル
FC2ブログへようこそ!
こちらは杏林大学カードゲームサークルのホームページとなります!

このサイトを使って情報交換や雑談を行って楽しいカードライフを目指しましょう!!!笑

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
満足カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。